2018/02/16
クラブ発表会

 2月14日、小学部4・5・6年生が一年間活動してきたクラブ活動の発表会がありました。「運動クラブ」では、大玉転がしドッチボールとしっぽとりおにを実際にやってみて紹介しました。ボールをよける姿や、おにから逃げて走る姿に歓声があがりました。「つくるクラブ」では、今まで作った作品を紹介しました。ぐるぐるたこやコップふにゃふにゃ、びっくりがえるなど、みんなが予想していたものと違う動きをした作品に皆驚いていました。「音楽クラブ」では、「ポキポキポッキン」と「マンボ」の曲に合わせて、ダンスや演奏を披露しました。その後は、1年生から3年生が各クラブの体験コーナーを回りました。風船バレーやダンス、おもしろマイクを作るなど、たくさんの体験をして楽しみました。


2018/02/16
音楽にのって にこにこ わくわく

2月9日(金)に、音楽療法指導者の日沼郁子先生に来ていただきました。小学部高学年の児童を対象に「音楽にのって にこにこ わくわく」という題材で音楽教室が行われ、日沼先生の伴奏や歌声に合わせて、手足体操や楽器を使った身体遊びなどをして楽しみました。楽しい音楽のリズムに自然と体が動く児童、普段触れることのない楽器を見て、目を輝かせながら鳴らす児童など、全員が笑顔で音楽に親しむことができました。


2017/12/26
カレンダー配付

小学部児童が11月から制作してきた2018年のカレンダーが完成しました。戌年となる2018年のテーマは「あなたもナンバーわん わたしもナンバーわん わんダフルイヤー」です。各学年で制作月を分担し、スチレン版画、スパッタリング等、学習した技法を使って、ワンダフルなものを表現し、帳合や袋詰めまで協力して115部制作しました。
12月21日、完成したカレンダーを交流校や日頃からお世話になっている地域の方々に届けに行きました。感謝の気持ちを込めて手渡し、「届けてくれてありがとう」「毎年楽しみにしています。飾りますね」などと温かい言葉をいただきました。また、実際に壁に飾られている今年のカレンダーを見ることもできました。配付先の方々も自分たちも嬉しい気持ちでいっぱいの一日となりました。
 2018年、カレンダーとともに「わんダフル」な一年になりますように!


2017/11/22
県南3校交流

・11月20日(月)、横手支援学校6年生5名、大曲支援学校せんぼく校6年生1名、本校6年生2名が集まって交流をしました。はじめの会では、みんなで「世界中の子どもたちが」を歌い、明るく和やかな雰囲気の中で交流がスタートしました。少し照れながらの自己紹介の後、校内探検をしました。「広いなあ」「お兄さんたちが静かに勉強しているね。なんの勉強かな。」など興味津々でした。教室に戻ってからは、それぞれの学習で頑張っていることや制作したものなどを紹介し合う発表交流をしました。「上手だね」「楽しそうだね」「やってみたいな」など、生き生きとした感想が聞かれました。それからみんなでお弁当を食べながら修学旅行の話で盛り上がり、あっという間にさようならの時間になってしまいました。「またね!」と手を振って楽しかった一日を振り返った8名でした。


2017/11/21
えがおの丘での校外学習

11月17日金曜日、1年生、2年生、3年生、6年生の14名でえがおの丘に校外学習に行きました。初めての場所でドキドキしていたみんなでしたが、大好きなプールに入って大満足。歓声をあげて思い切り楽しみました。夏に学校のプールで学習したことを覚えていて、またチャレンジを繰り返したり、初めて体験する歩くプールが気に入って何度も往復してたくさん体を動かしたりと、充実した活動をすることができました。食事の後は、館内のレストランでおいしいカレーをいただき、みんなの笑顔があふれた一日になりました。


2017/11/08
内小友小学校との交流及び共同学習

11月1日(水)、内小友小学校を会場に「みんななかよくハローの会」が行われました。内小友小学校の児童が楽しいゲームやおもてなしを企画して、大曲支援学校のみんなを迎えてくれました。1年生は「いすとりゲーム・魚釣り」、2年生、3年生は「ペットボトル輪投げ」、4年生は「風船バレー・ペットボトルボーリング」、5年生は「じゃんけん列車でカード交換・ピン倒しボール」、6年生は「ころがしまとあてゲーム・風船バレー」をして、学年での交流を楽しみました。その後は、両校の全学年が集合し「またねの会」を行いました。内小友小学校の児童から、元気な歌「小さな世界」をプレゼントしてもらい、大曲支援学校からは「やってみよう」の曲に合わせたダンスを披露しました。一緒に歌を歌ったり、みんなで楽しくダンスを踊ったりしながら同じ時間を過ごし、とてもよい交流会となりました。


2017/10/30
りんご狩り

10月20日(金)、秋田県立農業科学館でりんご狩りをしました。雨が降っていたため、行きはバスで農業科学館へ行きました。りんごを収穫するときには、雨も落ち着き、真っ赤でおいしそうなりんごを見て、大喜びしていました。りんごの上手な採り方を教えていただき、自分で選んだりんごを収穫し、その場で試食しました。その後は、館内を散策し、どんぐりや姫りんごを見つけて、瞳を輝かせていました。
 大曲支援学校小学部では、体力作りの一環として定期的に学校周辺をみんなで歩く「歩こう会」を行っています。その成果が見られ、帰り道はかっぱを着て、小雨の中、農業科学館から学校まで2.3kmをたくましく歩きました。


2017/10/24
ほくほくまつり

春から育ててきたさつまいもが大きくなり、9月26日に大曲婦人会やボランティアの方々と一緒に芋掘り交流をしました。96sのさつまいもを収穫しました。10月14日の秋山台祭の際には、小学部みんなで「ほくほくさつまいもやさん」を開き、さつまいも40袋を完売しました。
そして、10月18日には、大曲婦人会やボランティアの方を11名お迎えして、小学部の「ほくほくまつり」を行いました。当日は、事前に準備しておいたアルミホイルに包んださつまいもをみんなで一つずつかまどに入れて焼きました。芋が焼き上がるまでの間は、大曲婦人会やボランティアの方と一緒に「さつまいも運びリレー」のゲームをして盛り上がりました。ゲームの後は、みんなが楽しみにしていた焼き芋の試食。とても甘くてほかほかのおいしい焼き芋でした。終わりの会では、代表の児童が「焼き芋がおいしかった。また来年も大曲婦人会やボランティアの方と一緒にやりたい」と感想を述べてくれました。ゲームや試食を通して、さつまいもの収穫をみんなで喜び、とても楽しく交流しました。


2017/09/19
県南4校交流

9月11日(月)に、県南地区の特別支援学校4校(本校、せんぼく校、横手支援学校、稲川支援学校)の小学部児童が集まり、交流会を行いました。チームに分かれてピン倒しゲームを一緒に行い、その後は学年ごとにまとまってお弁当を食べました。活動を楽しみながら、お互いに顔を見合わせたり、声を掛け合ったりして関わる様子が見られました。この交流は今年度初めて実施しましたが、同学年の友達と触れ合うことができるよい機会となりました。


2017/09/11
遠足(秋田ふるさと村)

・9月1日(金)に小学部児童全員で横手の秋田ふるさと村へ校外学習に出かけました。チューチュートレインに乗って風を感じながら景色を楽しみました。3〜6年生は、スペーシアで星の観察、1、2年生は楽しい仕掛けのあるトリックアートやボールプールのワンダーキャッスルなど、学年ごとに計画した活動を楽しみました。お昼は友達とお弁当を食べたり、フードコートでは自分で好きなものを注文をして食べたりと、学校とはまた違う経験をしてきました。天気もよく、青空の中、楽しく充実した一日を過ごしてきました。


- Topics Board -