2018/09/12
学校支援地域本部事業 ブルーベリージャム作り

 9月3日(月)に学校支援地域本部事業を活用し、ブルーベリージャム作りを地域の先生から教えていただきました。春には、肥料まきや防鳥ネット張りを一緒に行い、昨秋の剪定効果もあり昨年を上回る30sのブルーべリーの収穫がありました。ジャムはブルーベリー1s、グラニュー糖400gを焦がさないように30分程優しく混ぜ、最後にレモン汁小さじ1入れて完成です。5sのジャムを作ることができました。ジャム作りに参加した生徒からは、「最初は緊張したけど、楽しく活動できた。」「またやってみたい。」と言う声が聞かれました。
6日のおやつはヨーグルトで生徒自らが育て、作ったジャムをたっぷりかけて、おいしくいただきました。


2018/09/06
地域貢献活動「ひだまりコーヒーサロン」訪問

 9月4日、寄宿舎生4名で、大川西根公民館でボランティアグループ「ひだまり」が開催している「ひだまりコーヒーサロン」へ行ってきました。今年度2回目の訪問となります。
 今回は、学校支援地域本部事業を活用して地域の先生と作ったブルーベリージャムを持参し、みなさんに試食していただきました。「甘酸っぱくておいしいね」と喜んでいただき、生徒もうれしそうでした。ブルーベリーの収穫量やジャムの作り方について質問を受けて答えたり、お茶の準備や会場の片付けを手伝ったりして、充実した時間を過ごしました。次回は12月に伺う予定です。


2018/09/03
間食購入活動

 8月28日(火)、障がい福祉サービス事業所「ほっぺ」さんによる、間食購入活動が行われました。予算は一人120円、自分の財布を持ち、好みの商品を選んだり、電卓を使って計算したりしながら駄菓子の買い物を楽しみました。買い物の後は、自分で選んだお菓子を嬉しそうに食べていました。今回は、「ほっぺ」さんで働く2人の卒業生が来舎しました。先輩の働く姿を見たり、予算を確認しながら買い物体験をしたりする良い機会となっています。年5回の開催で、次回は9月25日の予定です。


2018/08/22
舎監・寄宿舎指導員合同演習会

 午前7:00「震度5強の地震により、厨房から火災発生」という想定で、舎監・寄宿舎指導員合同演習会を行いました。職員が生徒役、職員役になり、通報から避難誘導、検索、生徒の人員確認などについての演習を行いました。観察者の報告では、職員間の連絡がスムーズ、声掛けを意識的に行っていたといった成果と、避難経路の再確認の必要性や生徒掌握の連絡を取り合う等、たくさんの課題が挙げられました。演習会で出た課題を検討、改善していくことで、有事の際に適切な行動をとり、寄宿舎生が安全に避難できるよう日々訓練しています。


2018/07/26
第27回七夕花火会

 7月13日(金)、「地域の力をみんなの力に〜宇宙に届け!みんなの夢2018七夕花火会〜」をスローガンに大27回七夕花火会を開催しました。
 高等部3年生の太鼓演奏で幕を開けた当日は、500人近いお客さんが来校し、地元の企業や団体、個人の方々の御協力をいただき、かき氷や花の苗のプレゼント、バルーンアートなどの出店、踊りやゲームなどで楽しい時間を過ごしました。
 また、今年初めて行った寄宿舎ブルーベリージャムの販売も好評で、中学部・高等部の作業学習製品販売と併せて、本校の取組を知っていただく良い機会となりました。
 会の最後には、みんなの夢を乗せて打ち上げられた花火が大輪の花を咲かせ、思い出に残る会となりました。


2018/07/06
「ひだまりコーヒーサロン」訪問

 7月3日、大川西根公民館で行われている「ひだまりコーヒーサロン」へ行ってきました。年3回、数名ずつ訪問しているので、顔見知りになった人もいて、いつも会話が盛り上がります。
 今年は、まもなく行われる寄宿舎「七夕花火会」のご案内をしたあと、サロンのお手伝いをしたり、寄宿舎のプレイルームにある笹竹に飾る短冊に願い事を書いてもらったりしました。最後に、部屋掃除を行い、「また来てね」の声に送られて帰って来ました。
 参加した生徒からは、「七夕花火会の紹介がうまくできた」「初めてだったけど楽しかった」という感想が聞かれました。次回の訪問は9月を予定しています


2018/07/03
「なごみのさと」訪問

 6月28日(木)、中学部生1名、高等部生6名の計7名で介護老人保健施設「なごみのさと」を訪問しました。挨拶をした後、踊り「ドンパン節」「ロックドンパン」を披露しました。その後、利用者の皆さんと将棋やオセロ、ジェンガをしたり、一緒に絵を描いたりして触れ合いました。また、似顔絵を描いてプレゼントすると、とても喜んでくれました。最後に、利用者の皆さんから歌のプレゼントがあり、生徒も一緒に「秋田県民歌」を歌いました。
 参加した生徒からは「ドンパン節を踊って喜んでもらえてよかった」「将棋で負けてしまったので、今度は教えてもらいたい」などの感想が聞かれました。次回は10月に訪問する予定です。


2018/06/06
卒業生と語る会

 6月1日(金)平成27年度卒業生、田村亮太朗さんとお母さんを講師に迎え、「卒業生と語る会」を行いました。
働いている様子をスライドで紹介した後、亮太朗さんからお話してもらいました。「仕事が終わってからの自宅での過ごし方を教えて下さい」「仕事ではどんなことをがんばっていますか?」など多くの質問が出され、亮太朗さんの話を真剣に聞き入っていました。
参加した保護者の方からも、「本人の今後の目標を決めるうえで、良い機会になりました」「先輩の話を伺えるのは子どもたちにとっても良い経験になると思います」などの感想がきかれました。
  寄宿舎にいるうちにがんばった方がよいことなど、先輩からの話は、実習を目前に控えた後輩にとって勉強になることがたくさんつまった時間となりました。


2018/05/31
ブルーベリー栽培活動 防鳥ネット張り

 5月28日の下校後、学校支援地域本部事業の活用で、ブルーベリーの木に防鳥ネットを張りました。
 ネット張りや、ジャム作り、剪定などを毎年田代先生が教えに来てくださっています。今回も、元気にあいさつをしたあと、作業に取りかかりました。ブルーベリーの木には白くてかわいい花が咲いていて、よく見ると小さい実もできていたので、ネットに引っかからないように、みんなで協力しながら、慎重にネットを張りました。
暑い中でしたが、おいしいジャムができることを願いながらみんなで頑張り、最後は、先生に冷たい麦茶でおもてなしをしました。


2018/05/23
ブルーベリー栽培活動 “けやきカフェ”

 5月11日(金)大川西根公民館を利用して、2回目のけやきカフェを開催しました。
 前回の“けやきカフェ”は大好評で問い合わせがあるほどでした。自分たちも行ってみたいという声が挙がり、初体験の生徒も参加しました。おもてなし係、会計係に分かれて準備や練習を進め、家族の方や地域の人に喜んでもらいたいという気持ちから、たくさんのアイディアが出されました。
 当日はたくさんのお客さんが来てくれ、ジャムやミントの葉を添えてお出ししたところ、好評でした。初めての生徒は緊張しながらも、「おいしいと言ってもらって、うれしかった」「今度はもっとたくさんジャムを販売したい」などの声が聞かれ、達成感にあふれた表情をしていました。


- Topics Board -