2018/04/11
入舎歓迎会

 4月9日(月)入舎歓迎会を行いました。今年度は新入舎生10名を迎え、新たなけやき寮の始まりとなりました。
 進行や歓迎の挨拶はけやき会役員が中心となって進めました。初めての仕事に慣れないながらも一生懸命行い、先輩としてリードしてくれました。
 茶話会ではケーキを食べながら、今日から始まる寄宿舎生活について話題にしていました。緊張していた新入舎生も少しずつ笑顔が見られ、大きな拍手と一人一人の笑顔でけやき寮はスタートしました。


2018/03/05
年間表彰「けやきアワード」

 2月26日(月)に、平成29年度年間表彰「けやきアワード」が行われました。「けやきアワード」とは、一年間を振り返り、友だちの良いところや頑張ったところを表彰する会です。表彰した内容は、昨年9月と今年1月に行われた「友達の素敵なところ発見」の話合いで出された中から選んでいます。
 緊張した中にもうれしさと達成感にあふれた表情をしていました。けやき会役員がプレゼンターとなり、一人一人のがんばりを読み上げると、温かい拍手が送られ、一年間の頑張りをたたえ合っていました。


2018/02/22
平成29年度 けやき会役員選挙

 2月15日(木)寄宿舎自治会のけやき会役員選挙が行われました。
 13日(火)に行われた立会演説会では、会長、副会長、書記の立候補者から、それぞれの決意表明がありました。応援者からは、立候補者の素敵なところや頑張っていることについて演説があり、みんな真剣に聞いていました。
 13日(火)から14日(水)にかけて、投票日当日に不在の生徒が、期日前投票を行いました。
 15日(木)の投票では、選挙管理委員から一枚ずつ投票用紙を受け取って、投票のルールを確認し、けやき会役員にふさわしいと思う立候補者に投票しました。
 今回は、投票の時間帯を決めて、生徒が自由に投票所へ行くようにしました。市役所から借用した記載台と投票箱を使用し、本格的な投票の模擬体験をしました。
 新しい役員のみなさんの活躍を期待します。


2018/02/01
社会体験活動

寄宿舎では、身に付けた生活技能やマナーを生かす活動として、行き先や目的別のグループに分かれ社会体験活動を行っています。
今年度は、12月14日(木)にイオンモール大曲へ行ってきました。当日に向け、スケジュールや公共施設のマナー、楽しく活動するための約束などの話し合いを重ねてきました。
当日は計画通りに活動できたグループ、予定の変更があったグループと様々でしたが、全てのグループが協力し合い、買い物やゲーム、食事など充実した時間を過ごすことができました。


2017/12/19
あきた県庁出前講座

 12月8日(金)、大仙保健所の管理栄養士菅野育子さんをお迎えして、あきた県庁出前講座「生活習慣病の予防について」の講話が行われました。寄宿舎生と通学生、保護者、職員で80名以上の方々が参加しました。講話のあと、食事バランスガイドを活用して、普段している食事が自分に合った量と内容になっているかを考える演習を行いました。その後の質疑応答では「何を食べると背が伸びますか?」「外食は月に何回くらいまでったら良いですか?」「外食でラーメンのスープは飲んで良いのですか?」などの質問が生徒から出され、和やかな雰囲気の中、実り多い講座となりました。


2017/12/11
秋田修英高等学校福祉活動部との交流

11月21日(火)毎年恒例となっている秋田修英高等学校福祉活動部との交流を行いました。今年度は修英高校の生徒9名を迎え、「風船バレー」を楽しみました。両校生徒の混合4チームに分かれ自己紹介や作戦会議をした後に対戦しました。
「ボールが自コートに入ったら、チーム全員がボールに触り、10回以内に相手コートに打ち返す」というルールで行いました。はじめはルール慣れない様子も見られましたが、通常より大きめの直径35pの風船を夢中になって追いかけ、チーム全員で「1,2、3・・」と声を掛け合いました。10回以内に相手のコートにうまく打ち返せたときは大きな歓声があがり、連帯感が生まれてきました。
終了後、両校の生徒から「一緒にゲームができてうれしかった」「またやりたい」などの感想が聞かれました。


2017/12/06
公開研究会 けやきカフェ

 12月1日(金)の公開研究会では、昼食・休憩時間を利用して「けやきカフェ」を開店しました。今年度は8名の生徒がカフェのウェイター・ウェイトレスとなり、コーヒーや紅茶、ブルーベリージャムをクラッカーに添えてお出ししました。
 事前練習では、おもてなしの仕方だけでなく、笑顔で接客することを大切に練習を重ねました。当日は、50人以上の来校者の方から注文をいただきました。初めは緊張していた生徒も徐々に笑顔で応対し、手際よく動けるようになり、終了後は充実感でいっぱいでした。
 来校したお客様に喜ばれ、「おいしかった」「丁寧な応対で感心した」という言葉をいただき、練習の成果が発揮され、自信につながる活動となりました。


2017/12/06
大曲農業高等学校との食品加工活動

11月28日(火)大曲農業高等学校食品加工部の生徒7名と一緒に、ブルーベリージャム作りを行いました。同校との活動は2年目となりますが、食品加工部の生徒が中心となり、作り方や器具の説明、瓶詰め作業などを教えてもらいながら一緒に行いました。本格的な器具ばかりで驚くとともに、どのくらいの量ができるか期待しながら作業を進め、2時間程でブルーベリージャムが完成しました。参加した生徒からは、「試食したら甘酸っぱかった」「瓶詰めが難しかった」という感想が聞かれました。この後、販売を予定しています。是非、ご賞味ください。


2017/11/30
「卒業生と語る会」

 11月22日(水)に、卒業生の深谷優也さんを講師に迎え、「卒業生と語る会」を行いました。
 寄宿舎生の司会・進行とともに、卒業後の現在について、仕事の様子を中心にスライド紹介がありました。また、働くということについては「就職が決まった時の気持ちはどんな気持ちでしたか?」「休日の過ごし方は?」「仕事の悩みは誰に相談しますか?」など、寄宿舎生からたくさんの質問が出ました。保護者の皆さんからも質問をいただき、卒業後の進路への関心の高さがうかがえました。
 終了後は寄宿舎生がおもてなしをして、先輩にお礼の気持ちを伝えました。


2017/11/06
自立生活実習

寄宿舎には卒業後の生活を考えて、自分で1日のスケジュールを立て、自主的に体験できる「けやきの丘」という名称の自立生活実習室があります。「卒業後は、グループホームの利用を考えている」「自分でできることを増やしたい」等の理由で利用しています。今年度は6月に1名、10月に2名利用し、時間の使い方を自分で考えたり、浴槽の掃除をしたりする体験をしました。利用した生徒からは「家の浴槽と違ったが、やり方が分かってうまくできた」「自分の目標が達成できて嬉しかった」等の感想がありました。
11月、12月と利用希望者は続きます。自分で考えて生活することで、卒業後の生活をイメージでき、自信につながるよい機会となっています。


- Topics Board -