2022/12/13
ブルーベリー栽培活動 大曲農業高校でのジャム加工活動

 12月8日(木)、大曲農業高等学校に出掛け食品科学科3年生のみなさんと一緒にブルーベリージャム作りをしてきました。夏に収穫して冷凍保存していたブルーベリーを大きな釜に入れ、砂糖、ペクチン、クエン酸を加えて煮詰めていきました。固まってジャムになったブルーベリーを丁寧にガラス瓶に入れる工程も体験することができました。大曲農業高等学校のみなさんに教えてもらいながら交流を図り、楽しく充実した活動となりました。


2022/12/05
身だしなみ勉強会

 12月1日(木)に、理容師、美容師の方々を講師に迎えて「身だしなみ勉強会」を行いました。
 事前に「寝癖の直し方を知りたい」「洗髪の仕方を教えてもらいたい」「自分にはどんな髪型が似合うだろう」など、生徒の「知りたい」「学びたい」を聞き取りました。
 当日は、髪の毛のセットの仕方を教えてもらったり、事前に聞き取った質問に答えてもらったりしました。また、女子生徒から「簡単なメイクの仕方を知りたい」とのリクエストがあり、ナチュラルなメイクの仕方を教えてもらったことで、いつもと違った自分を発見することができました。
 翌朝には、鏡を見て髪の毛を整えるなど、教えていただいたことを実践する生徒の姿が見られました。


2022/11/15
ブルーベリー栽培活動 剪定

 11月9日(水)、寄宿舎棟脇に植えているブルーベリーの剪定活動を行いました。
 大きくなったり古くなったりした木の枝を剪定ばさみや刈込みばさみ、のこぎりを使用して整えました。そして切り取った枝を一輪車にまとめて、ごみ捨て場まで往復しました。すっきりと整ったブルーベリーの木は、これから冬を乗り越え、来年また、たくさんの実を実らせてくれることと思います。


2022/11/07
なごみのさと訪問

11月1日(火)、寄宿舎生を代表して高等部生3名が介護老人保健施設「なごみのさと」を訪問しました。
今年度も新型コロナウイルス感染症の影響で、利用者の皆さんとの交流はできませんでしたが、みんなの気持ちをどのように届けたらよいか意見を出し合い、生徒が作ったイラスト入りのカレンダーを持っていきました。玄関先でなごみのさとの職員の方々が出迎えてくれて、「一人一人が描いたイラストのカレンダーです」と紹介しながら、手渡ししました。
来年度はぜひ新型コロナウイルス感染症が収束して、交流を再開したいと話してきました。


2022/10/31
間食購入活動

 10月25日(火)今年度1回目の間食購入活動を行いました。
 福祉サービス事業所「ほっぺ」さんの御協力により「ほっぺ けやき店」として寄宿舎に出張店舗をオープンしました。「ほっぺ」さんで働く先輩たちが店員として来てくれて「久しぶり」「なつかしいね」などと会話を交わしながら、先輩たちの働く姿を真剣に見つめている生徒もいました。150円のお小遣いで何を買おうか迷ったり、電卓での計算やお金の支払いを体験し、購入したおやつをおいしくいただきました。2回目の「ほっぺ けやき店」オープンも楽しみにしています。


2022/10/18
余暇選択活動

 余暇選択活動は、グループごとに計画を立て、協力して活動することと、商業施設の利用方法や公共のマナーを守りながら利用することを目的としています。今年度はイオンモール大曲で行いました。事前に自分でやりたいことを決めて買い物や食事等を選択し値段を調べたり、グループごとに店内を回る順番を決めたりしました。事前の活動を通して生徒は外出を楽しみにしている様子が見られました。
 当日は四つのグループに分かれて活動しました。友達と一緒に買い物・ゲーム・食事等を楽しみ、満足している姿が見られました。生徒からは、今度家族と行くときは自分一人で買い物をしてみたい、来年もまた友達と一緒に行きたい等といった声が聞かれました。


2022/09/16
プラ板製作サークル

 9月13日(火)に、プラ板製作サークルを行いました。アニメキャラクターや車、野球選手の写真など、それぞれが好きな下絵を準備し、プラ板に描きました。描いているみんなの表情は真剣そのもの。描き終えたら、トースターで焼き、チェーンを付けて完成です。みんな上手に製作でき、笑顔が見られました。作品は秋山台祭の寄宿舎展示コーナーに飾られますので、ぜひご覧ください。


2022/09/15
ひだまりコーヒーサロン訪問@

 9月6日(火)、約2年ぶりにひだまりコーヒーサロンを訪問しました。サロンが開催される大川西根公民館までは10分ほどの道のりでしたが、歩く足取りも軽く生徒たちは楽しみにしているようでした。
 皆、初めての訪問で利用者の方々へ緊張した面持ちで自己紹介をしていました。一緒におもてなしの準備を手伝ったり、学校行事や趣味の話をしたりするうちに徐々に緊張がほぐれ、自分から話しかける場面も見られました。後半は、話が弾みあっという間に時間が経ち、最後に皆でテーブル運びやごみ集め等の片付けを行いました。生徒からは「もっと話をしたかった」「また訪問して色々な話をしてみたい」という声が聞かれました。次回は12月に訪問予定です。


2022/07/14
大曲支援学校創立30周年記念 七夕花火会

 7月8日に、学校創立30周年記念の七夕花火会が開催されました。
 成功させようと、寄宿舎生みんなが、それぞれの係で準備を進めてきました。心配していた天気も当日は晴れ、準備にも力が入ります。準備の後は腹ごしらえ。「障がい福祉事業所 ほっぺ」さんのお弁当を食べ元気満タンです。「ほっぺ」さんのお弁当には「30周年おめでとう」の帯が付けられており、お心遣いにうれしい気持ちになりました。
 晴天のもと、3年ぶりとなる七夕花火会が始まりました。
 感染症対策として、本校関係者のみでの開催となりましたが、受付けではネクスコトール秋田事業部様からいただいた、花苗が配られました。
 開会行事では、高等部3年生による伝統の曲耀太鼓が披露されました。出店は長蛇の列で大好評! 30周年記念イベントの大クイズ大会には、大仙市のマスコットキャラクター「まるびちゃん」と、花火の街のシンボルキャラクター「つつどん」が遊びに来てくれて、大盛り上がりでした。その後、恒例の「ドンパン節」を会場のみなさんと踊り、薄暗くなってきた頃に、手持ち花火を楽しみました。
 最後は、小松煙火工業様による打ち上げ花火! 夏の夜空にきれいな花火が打上がり、会場から大きな拍手がおこりました。
 寄宿舎生の頑張り、高等部3年生の太鼓、参加者の皆様や御協力いただいた全ての方々の力で、大盛況の七夕花火会となりました。


2022/06/27
カラオケサークル

 6月21日(火)カラオケサークルを行いました。初めは、みんなの前で歌うことに緊張している生徒が多かったのですが、次第に恥ずかしさもなくなり、手拍子に合わせてのびのびと歌っていました。
 予定時間を延長するほど盛り上がり、生徒たちにとって大満足の活動となりました。1月にもカラオケサークルを予定しており、そのときに歌う曲を今から考えている生徒もいました。


- Topics Board -