2018/02/21
高等部 冬の販売会

 2月15日木曜日、高等部冬の販売会が行われ、高等部生徒62名が、よねやとまき店、タカヤ  ナギイーストモール、イオン大曲店、大曲駅、大仙市役所の5か所に分かれ、普段の作業学習で製  作している製品を販売しました
 秋山台祭で各作業班ごとの販売や土日の校外活動での販売の経験はありますが、各学年、作業班交えての販売は初めてのことです。校外での販売会は、笑顔でいらっしゃいませを言う、製品の説明や売り込みをする、正しく金銭処理をする、お礼の言葉とともに製品を渡すなど、校内では経験できないことがたくさん盛り込まれています。お客様とのふれあいをとおして、今後の作業学習の意欲につながったり、笑顔で接客することの大切 さを理解したりと、多くの成果があった販売会となりました。
 御協力いただいた各店舗の皆様、各施設の皆様、製品をお買い上げくださいましたお客様、本当にありがとうございました。


2018/02/08
第37回秋田県綱引き選手権大会 見事13連覇達成!

2月4日(日)に秋田県立体育館で第37回秋田県綱引選手権大会が行われました。
 本校の「プルプルパワーズ」は予選ブロックを全勝で勝ち上がり、決勝戦では、ゆり支援学校の「ゆり☆がんば!!」と対戦しました。今大会、初めて引かれてしまう場面がありましたが、3年生を中心に必死に耐え、一進一退の攻防に持ち込みました。最後は練習の成果を発揮し、見事引き切り13連覇達成。選手からは安堵の表情が・・・。常勝というプレッシャーを力に変えて勝ち取った勝利は、選手個人の大きな自信や成長へとつながったことでしょう!


2018/02/08
絆プロジェクト

 1月30日(火),31日(水),2月1日(水)の3日間,高等部の生徒62人が校外活動を行い,本校グラウンドや大川西根保育園,内小友保育園,大曲南保育園で雪像作りや交流会を行いました。
 地域貢献活動の一環として,総合的な学習の時間を活用して行われるこの学習は2003年から毎年行われています。活動の初日と二日目,生徒たちは,スノーダンプやスコップ,バケツなど自分に合った道具で雪を積み上げ,「アンパンマン」「トトロ」「ミニオンズ」「こまち号」などリクエストされたキャラクターの形を作っていきました。活動最終日は,園児や小学部児童とダンスやゲームなどで交流活動を行いました。自分たちでアイディアを出し合い,準備したゲームに子どもたちが歓声を上げる姿に,生徒たちは満足そうな表情を浮かべ,「みんなで協力して雪像ができました」「園児がゲームを楽しんでくれました」等の感想が聞かれました。


2018/01/29
高等部2年事業所見学

 1月19日(金)、高等部2年生の8名が、大仙市の「ABLIC(エイブリック)株式会社」という、スマートフォンや時計などに使用されている、超小型半導体製品の開発と製造をしている工場を見学しました。身近にある最新機器の部品がたくさん作られていることや顕微鏡を見ながらの作業に生徒たちは驚いていました。職員の方の話を聞くことで、身だしなみや安全に気を付けることが、働く上で大切なことだと気付くことができました。


2018/01/24
高等部2年事業所見学

1月19日(金)、高等部2年の9名が、横手市の「ユー・ホップハウス」と「ウッディいのおか」を見学しました。
両事業所とも、職員の方が分かりやすく作業内容を紹介してくださったり、施設内を案内してくださったりした他、生徒や保護者の質問にも丁寧に答えていただきました。
また、「ウッディいのおか」では最新の入浴機器も見せていただき、そのダイナミックな動きに生徒たちは目を輝かせていました。
まもなく3年生に進級する生徒たちにとっては、それぞれの進路を考えるための充実した時間になりました。


2018/01/10
大川西根保育園クリスマス交流会

 12月20日(水)、大川西根保育園でクリスマス交流会が行われました。
 これは、年3回予定されている、生活単元学習の「地域でイベントをしよう」という題材の2回目で、生徒が自分たちでアイデアを出し合いながらイベントを企画・実践するものです。
 秋山台祭で発表した「童話の国のアリス」を再演した他、「体験コーナー」では、お姫様やピーターパンの衣装に身を包んだ園児たちが、海賊役の生徒と戦ったり写真撮影をしたりで大興奮。「プレゼントコーナー」では、サンタに扮し生徒が園児たちに手作りのメダルをプレゼントしました。
 生徒たちも園児たちも、笑顔のあふれる充実した交流会になりました。


2017/12/28
高等部1年 横手支援学校とのよさこい交流

12月15日(金)に横手支援学校を会場に、横手支援学校の高等部1年生とよさこい交流を行いました。事前学習では会の内容を話し合ったり、横手支援学校の生徒とメールや手紙の交換をしたりして、交流に向けて協力して取り組みました。
 当日は横手支援学校の一年生の皆さんが学校を案内してくれました。始めはお互い緊張した様子でしたが、作業製品を紹介してもらったり、自己紹介のゲームでお互いの名前を覚えたりしていくうちに、笑い合う姿が増えてきました。またよさこい踊りの交流では、大曲は「よっちょれ」、横手は「南中ソーラン節」の踊りを披露した後で、みんなで踊りました。踊りを通し,自然と心が通い合い、別れ際はお互いを名前で呼び合い、名残惜しそうにまた会う約束をしていました。
 2年生になっても引き続き交流を続けていきたいと思います。


2017/12/15
稲川支援学校との太鼓交流会

 12月13日水曜日、稲川支援学校高等部生と本校高等部3年生との交流会を行いました。お互いの学校の太鼓演奏を披露し合ったり、一緒にダンスをしたりして、体を動かしながら楽しく交流しました。稲川支援学校の太鼓演奏は動きや衣装が華麗で、多くの生徒が拍手を送りました。一方、力強さや一体感など曲耀太鼓の良さを改めて感じることもでき、有意義な交流となりました。


2017/12/14
北都銀行バドミントン教室

 12月8日(金)に本校にて、北都銀行バドミントン教室が行われ高等部3年生25名が参加しました。女子ダブルス世界ランキング6位(12月7日現在)の田中選手、米本選手のペアを始め選手、スタッフの総勢13名が来校し、基本の打ち方を優しく、時には熱く指導していただきました。選手同士のデモンストレーションでは、力強いスマッシュやそれを粘り強く拾うレシーブが出るたびに歓声がおこり、世界レベルのプレーを間近で見て生徒は大興奮でした。生徒と選手のチャレンジマッチでは、北都銀行の選手のプレーに触発され、力強く打ち込んだり、ドロップショットを決めたりするなど試合の中で上達が見られました。この日、楽しく体を動かした経験を思い出し、今後も運動に親しんでほしいと思います。


2017/12/04
職業教育フェア(県南地区)

11月25日(土)、大曲支援学校せんぼく校にて、平成29年度秋田県特別支援学校職業教育フェア(県南地区)が開催され、技能競技会(錬成会)、作業学習製品の展示・販売、作業学習の実演・体験、そして、ステージ発表として、「曲耀太鼓」と「よっちょれ」の披露が行いました。
技能競技大会には、本校からは4名の選手が出場しました。結果として、ビルクリーニング部門で1名が金メダル、また1名が銅メダルを獲得し、喫茶サービス部門では1名が銀メダルを獲得しました。練習の成果をしっかりと発揮することができました。
販売活動では、会場内だけでなく、地元の直売所である「立町ポケットパーク」でもたくさんのお客様に笑顔で対応しました。作業学習製品展示コーナーでも、来客者に製品のことについて、丁寧に説明をする生徒の姿が見られました。作業学習の演示・体験コーナーでも、普段の学習の成果を披露することができました。
ステージ発表では、県南4校の生徒がそれぞれにステージ発表を披露し、お互いの頑張りを認め合う機会にすることができました。来場者からもたくさんの拍手をいただき、これからも地域の方々と一緒に様々な学習活動に取り組んでいこうという気持ちを新たにしていました。


- Topics Board -