2018/04/19
第2回学部集会(対面式)

・4月13日、高等部の対面式が行われました。
 主事の話は周囲の友だち、先輩、先生、みんなが味方だから相談して解決しながら成長していきまし ょうとのことでした。2年生は、「南中ソーラン」演舞、3年生からは「曲耀太鼓」の演奏が贈られ、 2,3年生とも歓迎の言葉の中に、「1年生が入学してくるのを楽しみにしていました」という言葉が 入っていて1年生も嬉しく感じたことと思います。
・1年生からの「期待と不安がありますが、教えてもらいながらいろいろなことに挑戦してきたい」と の決意表明、ピアノ演奏と歌唱、高等部新任教師の紹介などもあり、始まりの雰囲気たっぷりでした。
 生徒52名での高等部、スタートです!


2018/04/11
第1回学部集会

・高等部では、今年度から学部集会を設定し、学部全体での学習に効果があること、高等部生全体に伝えたいことなどは学部集会の中で取り扱うことにしました。早速4月9日に第1回目の学部集会が行われました。主な内容は、「高等部生に守って欲しい学校のきまり」です。学部主事からは、「きまりは生徒の皆さんをしばるためではなく、安全・安心な学校生活を送るため、皆さんを守るためのもの」であることを話していただきました。生徒指導主事からは、服装や自力通学、交友関係、休日の過ごし方について説明がありました。服装の説明の時に、自分の制服を確認する生徒の姿も見られました。
・大曲支援の高等部生が地域の見本になり、安心・安全な生活を送りながら成長していけますように…。


2018/03/20
 第15回全日本年賀状大賞コンクール 奨励賞受賞!

第15回全日本年賀状大賞コンクールの版画部門で,高等部1年の佐藤怜央さんの作品「シーサー」が1161点の中から見事奨励賞に輝きました。
3月15日(木)に大曲郵便局の櫻庭局長が来校し,賞状の授与がありました。怜央さんは緊張した様子でしたが,賞状をもらうときは満面の笑みでした。
美術の授業で作成しました。テーマや構図に少し悩みながらも,楽しく製作に取り組み,黄色を3種類使い深みのある色合いにし,迫力満点のシーサーの絵でした。


2018/03/01
卒業生を送る会

2月23日(金)、「卒業生を送る会」が行われました。
出し物では、1年生のよさこい踊り、2年生の曲耀太鼓が披露され会場を盛り上げました。
続いて行われた「プレゼント贈呈」では、各作業班ごとに用意した写真と色紙を、卒業生一人一人に手渡しました。
卒業生代表の挨拶では、児童生徒会会長の木村大河さんがマイクの前に立ち「曲耀太鼓の伝統を受け継いでほしい」、「残り少ない学校生活でよりよい思い出を作りたい」などと話しました。
 最後に卒業生と在校生が笑顔でハイタッチを交わし、会を締めくくりました。


2018/02/22
「南中ソーラン」よさこい特別レッスン

2月16日、昨年の秋にもお世話になった中仙のよさこいチーム「桜秀心舞(おうしゅうこころまい)」の方々による特別レッスンが行われました。今回は23日に行われる卒業生を送る会で3年生に感謝の気持ちを伝えるために「南中ソーラン」の踊りを教えていただきました。
チーム代表の秋山さんからは、動きの意味と一緒に、腰を低くしたポーズや視線の生かし方、大きな動きに見えるための体の使い方など、よりカッコいい踊りをつくり上げるポイントを分かりやすく熱心に教えていただきました。生徒たちは、教えていただいたことを習得しようと何度も動きを繰り返し、真剣に練習に取り組みました。最後に「教えてもらった新しい振りが難しかったですが、練習してもっと上手く踊れるようになりたいです。」と感想が伝えられ、卒業生を送る会に向けてより一層意欲が高まりました。


2018/02/21
高等部 冬の販売会

 2月15日木曜日、高等部冬の販売会が行われ、高等部生徒62名が、よねやとまき店、タカヤ  ナギイーストモール、イオン大曲店、大曲駅、大仙市役所の5か所に分かれ、普段の作業学習で製  作している製品を販売しました
 秋山台祭で各作業班ごとの販売や土日の校外活動での販売の経験はありますが、各学年、作業班交えての販売は初めてのことです。校外での販売会は、笑顔でいらっしゃいませを言う、製品の説明や売り込みをする、正しく金銭処理をする、お礼の言葉とともに製品を渡すなど、校内では経験できないことがたくさん盛り込まれています。お客様とのふれあいをとおして、今後の作業学習の意欲につながったり、笑顔で接客することの大切 さを理解したりと、多くの成果があった販売会となりました。
 御協力いただいた各店舗の皆様、各施設の皆様、製品をお買い上げくださいましたお客様、本当にありがとうございました。


2018/02/08
第37回秋田県綱引き選手権大会 見事13連覇達成!

2月4日(日)に秋田県立体育館で第37回秋田県綱引選手権大会が行われました。
 本校の「プルプルパワーズ」は予選ブロックを全勝で勝ち上がり、決勝戦では、ゆり支援学校の「ゆり☆がんば!!」と対戦しました。今大会、初めて引かれてしまう場面がありましたが、3年生を中心に必死に耐え、一進一退の攻防に持ち込みました。最後は練習の成果を発揮し、見事引き切り13連覇達成。選手からは安堵の表情が・・・。常勝というプレッシャーを力に変えて勝ち取った勝利は、選手個人の大きな自信や成長へとつながったことでしょう!


2018/02/08
絆プロジェクト

 1月30日(火),31日(水),2月1日(水)の3日間,高等部の生徒62人が校外活動を行い,本校グラウンドや大川西根保育園,内小友保育園,大曲南保育園で雪像作りや交流会を行いました。
 地域貢献活動の一環として,総合的な学習の時間を活用して行われるこの学習は2003年から毎年行われています。活動の初日と二日目,生徒たちは,スノーダンプやスコップ,バケツなど自分に合った道具で雪を積み上げ,「アンパンマン」「トトロ」「ミニオンズ」「こまち号」などリクエストされたキャラクターの形を作っていきました。活動最終日は,園児や小学部児童とダンスやゲームなどで交流活動を行いました。自分たちでアイディアを出し合い,準備したゲームに子どもたちが歓声を上げる姿に,生徒たちは満足そうな表情を浮かべ,「みんなで協力して雪像ができました」「園児がゲームを楽しんでくれました」等の感想が聞かれました。


2018/01/29
高等部2年事業所見学

 1月19日(金)、高等部2年生の8名が、大仙市の「ABLIC(エイブリック)株式会社」という、スマートフォンや時計などに使用されている、超小型半導体製品の開発と製造をしている工場を見学しました。身近にある最新機器の部品がたくさん作られていることや顕微鏡を見ながらの作業に生徒たちは驚いていました。職員の方の話を聞くことで、身だしなみや安全に気を付けることが、働く上で大切なことだと気付くことができました。


2018/01/24
高等部2年事業所見学

1月19日(金)、高等部2年の9名が、横手市の「ユー・ホップハウス」と「ウッディいのおか」を見学しました。
両事業所とも、職員の方が分かりやすく作業内容を紹介してくださったり、施設内を案内してくださったりした他、生徒や保護者の質問にも丁寧に答えていただきました。
また、「ウッディいのおか」では最新の入浴機器も見せていただき、そのダイナミックな動きに生徒たちは目を輝かせていました。
まもなく3年生に進級する生徒たちにとっては、それぞれの進路を考えるための充実した時間になりました。


- Topics Board -