2019/12/02
わくわく販売会

11月28日、大仙市役所、しゅしゅえっとまるしぇ、タカヤナギイーストモール、スーパーマーケットよねやとまき店の4か所でわくわく販売会を開催しました。この日に向けて、作業学習週間では丁寧な製品作り、事前学習では接客や会計の練習、チラシやポスター作りに取り組んできました。
「いらっしゃいませ」「こんにちは」の挨拶がだんだん自然に出るようになり、たくさんのお客さんが足を止めてくださいました。「製品の使い方や工夫したところを説明した方が、買ってもらえる」と、気付き、先輩のまねをしながら接客に意欲的にとりくんでいる姿もみられました。各会場で、たくさんの製品を買っていただき、これまでのがんばりに達成感を得ることができました。
 翌日、「生徒の姿と心がこもった製品に幸せな気持ちになって、感謝の気持ちを伝えたい」と、地域の方から一本の電話がありました。本校が大切にしている、地域が教室、感謝される体験が、確実なものとなっていると感じさせられる出来事でした。


2019/11/21
第2回作業学習週間 木工班

第2回作業学習週間は、11月11日(月)から15日(金)までの5日間行われました。6月の第1回に引き続き「じみあすこ」の約束を守ること、そして工程や製品の仕上がりを確認しながら丁寧に作業することを目標に、各自レベルアップを目指して作業学習に取り組みました。

木工班はミニスタンドとベンチの製作で、仕上がりの確認を意識して取り組みました。1・2年生は、3年生から手順や機械操作の仕方を教えてもらいながら「グラインダがけ」やミニサンダでの「仕上げ」、「下穴開け・皿もみ」などの新しい工程にチャレンジしました。始めは、「難しい」「大変だ」と話す生徒もいましたが、徐々に自信がついてきて真剣に取り組んだり、達成感に満ちた表情で報告したりするようになりました。5日間を通して、ミニスタンドが19台とベンチが3台完成しました。


2019/11/21
第2回作業学習週間 農園芸班

農園芸班では、主に校内の花壇へのチューリップの球根植えと、麻ひもコースター作りをしました。チューリップは学校に来た人に喜んでもらえるように、花が咲く時の向きが揃うように球根を植えました。麻ひもコースター作りは、11月下旬のわくわく販売会で、買いに来てくれた人に喜んでもらえるように、端を揃えてきれいに作ることを目標にして意欲的に取り組みました。どちらの作業も、繰り返し行う中で、コツをつかみ、ていねいな作業ができるようになりました。


2019/11/21
第2回作業学習週間 陶芸班

陶芸班では花火小皿、花火角皿、花火豆皿、はし置きの製作や「わくわく販売会」に向けた準備に取り組みました。仕上がりを意識し傷やゆがみのない器やはし置きを作ることを目標にたたら伸ばしや成形の工程に取り組みました。道具の使い方や力加減に気を付けて作業したり、やすりがけでは見本のお皿と手触りを比べながら丁寧に行ったりしました。
集中して作業する中で疲れも見られましたが、休憩時間にしっかり休んだり,気持ちを切り替えたりする様子に成長を感じた5日間でした。


2019/11/21
第2回作業学習週間 布加工班

布加工班では、花火や季節の模様をステンシルした布巾と通帳ケース、トートバック、エチケットポーチを作りました。ステンシルは、インクが端まできれいに付くように仕上げました。ミシン掛けは、縫い始めや終わりの糸の始末を丁寧に行い、仕上がりに気を付けて作業ができるようになりました。
また、新しい製品のポケットテッシュケースづくりにチャレンジしました。自分たちで作った物を実際に使ってみることで、使いやすさなどを工夫することができました。わくわく販売会では、生徒の自慢の製品を手に取って見てください。


2019/11/21
第2回作業学習週間 紙工班

紙工班は、11月のわくわく販売会へ向けてコースター、カレンダー、はがき作りを行いました。パルプちぎり、ミキサー掛け、紙すきの工程を分担し、準備から片付けまで責任をもって取り組みました。仕上がりのよい紙をすくことや時間を意識して行動することを目標とし、目標達成へ向けて繰り返し作業しました。特に、紙すきでパルプ液を均等に入れるように気を付けている様子、朝礼や休憩後の作業の開始時刻をしっかり守っている様子が多く見られた作業学習週間でした。


2019/11/06
クリーンアップ活動

 10月24日、8回目のクリーンアップを行いました。今年度最後は、4コースに分かれ、日頃お世話になっている学校周辺の西根地区、花火大橋から雄物川堤防公園までの歩道をきれいにしました。
秋晴れの気持ちよい空の下、歩道の端、草の中などを手際よく探し、たばこの吸殻やダンボール、ペットボトルなどが見つかりました。今年度始めよりごみが少なくなったと生徒たちから声があり、中学部の継続的な取組が成果になっているのならうれしいです。今年度8回で集めたごみの総重量は69.1sでした。これが「ごみゼロすっきり」になるように、これからも活動を続けていきたいと考えています。


2019/10/17
2年 「しゅしゅえっとまるしぇ」にてホットドッグの販売

 10日(木)、「しゅしゅえっとまるしぇ」にて「ほんのりみその大仙ドッグ」の販売会を行いました。このホットドッグは「ポルミート」のあらびきソーセージや、「ダイセン創農」のトマトジュースを使い、「美郷パン工房」に依頼して商品化したものです。5月からソースの試作を重ね、約半年間かけて準備してきました。
 生徒たちは練習してきたことを発揮して、手際よく準備を行い、チラシ配り、商品説明、会計、包装と、それぞれの持ち場で販売活動を行いました。次々とお客さんが訪れ、準備した50個を1時間程度ですべて売り切りました。生徒からは、「販売は楽しかった」「大仙の特産品をアピールできてよかった」等の感想があり、手応えを感じた販売会となりました。なお、当日は「ポルミート」のマイケルさんが応援に駆けつけてくれ、一緒に販売しました。


2019/09/18
大曲西中学校との交流学習

 9月12日(木)に大曲西中学校の1・2年生と本校体育館でユニバーサルスポーツのボッチャを、13日(金)に3年生と作業学習の交流を行いました。ボッチャではチームの友達同士で投げる順番や何を狙うか確認し合ったり、素晴らしい投球に拍手で称賛し合ったりしました。また、作業学習では本校生徒が手順や道具の扱い方を教えたり作業の手本を見せたりしました。「支援学校の人達の作業の速さにびっくりした」という西中生からの感想や、「一緒にゲームをしてとても楽しかった」「一緒に作業できておもしろかった」と両校から感想が聞かれました。互いのよさを認め合いながら自然に関わり合えた有意義な2日間となりました。


2019/08/21
中学部作品展2019夏

大曲駅東西自由通路での夏の作品展が始まりました。中学部の生徒が美術の授業で作った作品や、作業学習製品を展示しています。和紙の風合いを生かした水彩画や貼り絵で表現した取れたて野菜等、夏をイメージした作品が並びます。作業学習で作った製品は、丁寧に仕上げられたアイディア豊かな品々です。足を止めて、ごゆっくりご覧ください。展示期間は8月31日(土)までです。


- Topics Board -