2018/09/11
大曲支援学校ドンドン花火隊〜「はなび・アム見学」〜

中学部3年生では,生活単元学習で大曲の花火について学習しています。9月6日,花火伝統文化継承資料館「はなび・アム」を見学しました。4階展望展示ホールの「はなびシアター」では,花火の映像が4面スクリーンに映し出され,きれいな花火の迫力に歓声が上がりました。「はなび創作工房」では,花火模型玉を使って花火の打ち上げを体験しました。「どの色の玉を選んで並べようか?」と,友達同士で相談しながら活動する様子が見られました。また,花火ができるまでの過程やこれまでの花火大会の資料なども見ることができ,大曲の花火の魅力を十分に味わいました。


2018/08/29
中学部作品展2018〜画廊・喫茶ブランカ〜

大曲中通町にある画廊・喫茶ブランカさんで「中学部作品展2018」を開催しています。中学部生徒が美術の授業で制作した「夏」や「花火」をイメージした作品を展示しています。美味しいお食事をしながら、ゆっくり絵を鑑賞することができますので、ぜひ足をお運びください。開催は8月29日から9月11日(10時から19時まで)です。なお、日曜日・祝日は18時30分まで、最終日16時までです。


2018/08/16
中学部作品展2018〜大曲駅〜

日頃の学習の成果を多くの方々に見ていただき、大曲支援学校のよさと、生徒のがんばりを知ってもらうことを目的として、「中学部作品展2018」を開催しています。8月6日から27日までは大曲駅自由通路陳列棚で展示します。中学部の生徒が美術の授業で制作した「夏」や「花火」をテーマにした作品や作業学習で作った製品を展示しています。夕方には陳列棚に明かりが灯され、生徒の作品がぐっと引き立ちます。お近くにお寄りの際は、ぜひ足を止めてご覧ください。


2018/07/25
大曲支援学校ドンドン花火隊 夏の章

 中学部3年生では、生活単元学習で大曲の花火について学習しています。6月は地域の花火工場の工場見学を行いました。火薬の調合、造粒、玉込め、玉貼り等の製作工程を見学した後、全国的にも少なくなっている昼花火(残月花火)の製作も体験できました。
 授業では、残月花火の長旗のデザインを友達と協力して行い、文字の色や大きさを工夫して描きました。7月19日には小松煙火工業様の協力を頂き、生徒がデザインした長旗の入った残月花火を打ち上げました。打ち上げを観覧した高等部の生徒にインタビューすると「元気と書かれた長旗がよく見えました。みんなが元気になりそうなので好きです。」等の感想を聞くことができ、次回のデザインに生かしていこうと生徒同士で話しています。地域の工場見学や打ち上げを通して、地域の誇りである花火について、より一層理解を深めることができました。


2018/07/25
クリーンアップ活動3

 7月12日、第3回目は大曲駅周辺、花火通り商店街のクリーンアップを行いました。
 当日は雨。祈るような気持ちで集合場所の大曲駅に向かうと、ちょうど小雨になり、出発ができました。普段はきれいな大曲駅周辺ですが、よく目を凝らしてみると、道路の端にはたばこの吸殻、駐車場には空き缶やペットボトルが落ちていました。ごみを拾いながら「吸殻を捨てる人はたばこを禁止にした方がいいと思う」など、生徒たちなりに環境について考えるきっかけとなったようでした。
 参加してくださった大曲ライオンズクラブ、大曲青年会議所の皆様には、交通安全の確認をしていただいたり、ごみがどんな場所に多いか教えていただいたりなどの御協力を得ることができました。また、花火通り商店街では「お疲れ様」などの声を掛けていただき、生徒たちの励みになっていました。
 終わりの会では「駅前がきれいになって、大曲の花火を見に来るお客さんに喜んでもらいたい」と、生徒の感想が出され、参加した全員の気持ちが一つになったクリーンアップでした。


2018/07/13
宿泊学習

7月4日〜5日、1泊2日の日程でせんぼく校と合同宿泊学習を行いました。1日目の活動は仙北市の「民宿惣之助」でのちまき作りです。生活単元学習で米の料理をテーマにしている2年生が特に楽しみにしていた活動です。笹の葉でもち米を包み、い草で結ぶ作業に「難しい」「コツが分かった」「15個も作った」と声を上げながら生徒たちは夢中になって取り組みました。茹で上がったほかほかのちまきの味は格別でした。
 田沢湖スポーツセンターでは生徒一人一人が役割をもって、食事やシーツの準備、集いの進行などに取り組みました。また、夜の集いでは、本校、せんぼく校の学習の紹介をしました。1年生のピザ作りや2年生が考えた御飯のレシピについての質問に答えたり、せんぼく校の作業学習製品の作り方や使い方について質問したりする姿が見られ、よい学び合いになりました。
 2日目はJR田沢湖駅と田沢湖畔の斎藤商店に分かれて作業学習製品販売会をしました。県外や外国からの観光客の方が多く、本校を広く知っていただく機会となりました。また、せんぼく校の友達からお茶のおもてなしの仕方も習い、本校でも取り入れたい活動となりました。
 仙北市のよさ、本校とせんぼく校のお互いのよさに改めて気付いた2日間となりました。


2018/07/10
一致団結・修学旅行〜日本一を見てみよう

中学部3年生は,6月27日〜29日東京方面への修学旅行でした。
 「どのアトラクションを選ぼうか?」迷いながら楽しんだディズニーランド。水上バスで,大曲とは花火つながりの隅田川を渡り,見学した浅草寺や仲見世。350mからの景色を満喫したスカイツリーでは,「ちょっと怖かったけど,東京の町がよく見えました。」と言う声がたくさん聞こえました。職人さんから教えていただき,各自が好きな色付けで仕上げた江戸風鈴。「作ったものは,家の居間に飾りたい。」と話す生徒もいました。
「もっと泊まりたい。」の声も多かった修学旅行。せんぼく校の友達とも楽しい思い出がたくさんできた3日間でした。


2018/06/19
ダンスワークショップ

 6月14日,ZUMBAインストラクターの湯野澤明恵先生をお迎えして、ダンスワークショップを行いました。ズンバという聞き慣れないダンスについて、事前にユーチューブなどで調べていた生徒もいましたが、「楽しく踊る」ということを目標にして取り組みました。誰もがどこかで聴いたことがあるちょっと懐かしい曲、「セプテンバー」や「ナイトフィーバー」が流れる中、指示や説明がなくても、先生のダンスに引き込まれ、いつの間にか体が動きだしていました。先生の「ダンスに正解や間違いはない」という言葉に安心し、ステップや手拍子、掛け声も出て、思う存分楽しく踊ることができました。生徒からは「先生のまねをして踊ることが楽しかった。」「少し難しい動きがあったけれど、がんばって踊れた」などの感想が出されました。これからも楽しく体を動かしていくことを継続できればと考えています。


2018/06/13
第1回作業学習週間 農園芸班

 農園芸班では、校地内外の花壇や南の園、畑の除草や土おこし、苗植えや水やりを中心に行いました。今回は6日(水)に大曲婦人会の方々と、希望の塔にある花壇にマリーゴールドやパンジーの苗を植えました。また、地域の事業所である佐川急便やコカコーラに出向いて、敷地内の花壇の整備や苗植えを行いました。感謝や励まし等の温かい言葉をいただき、生徒も達成感を味わうことができました。作業学習週間中は、一人一人が自分の目標を意識し、用具の使い方や作業の進め方を覚えたり、グループ内で協力して作業をしたりと成果が目に見えた一週間でした。


2018/06/13
第1回作業学習週間 陶芸班

 陶芸班では花火小皿や花火豆皿、箸置き等の製作に向けて、「たたら伸ばし」「模様付け」「成形」などの各工程に繰り返し取り組んだり、粘土練りや粘土砕きなどの作業をしたりしました。態度面では、時間を守って行動すること、報告の際の姿勢、自分の体調を整えるために必要なことなどについて、個々の目標達成に向けて5日間取り組みました。
一日中作業し続けることで、たたら伸ばしや模様付けが上達し、「よい製品を作りたい」という思いもより強く感じられるようになりました。疲れが見られることもありましたが、気持ちを切り替えて取り組むなど、働くことの大変さと楽しさを実感した5日間となりました。


- Topics Board -